It's a rumor in St. Petersburg

アラサーOLです。主にまんがの感想を書こうと思っています。

金色のマビノギオン 山田南平(著) (1-3巻収録予定Mabinogion 12まで)感想

 

 

 

 2019年は新しい漫画にたくさん出会いたいなーと思っているので、試しにアプリで連載されている漫画をたくさん読んでます。アプリで連載されている漫画って最近あんまり新しく読み始めたりしてなかったので。

 それで、白泉社が提供しているマンガParkというアプリのアプリで連載されている漫画(他の雑誌で連載されている作品をアプリでも連載しているのではなくて、アプリ自体で連載している作品という意味です)を中心に読んでるんですが、これはおもしろい!という漫画がいくつかありまして…。

 特におもしろいのが、「金色のマビノギオン」(以下、金マビ)です。紅茶王子で有名な山田南平先生の作品です。実は、私、山田先生の作品を読むのは金マビが初めてだったんですが、あまりの面白さに紅茶王子シリーズも全部勝手読んでしまいました。アールグレイかわいすぎる〜〜!!

manga-park.com

 

あらすじ

 金マビはアーサー王物語をモチーフにした作品です。現代の高校生三人組がアーサー王の世界にタイムスリップ(?)してしまい、物語に巻き込まれていきます。

 主人公たまきはアーサー王の生まれ変わりなのですが、当のアーサー(まだ王になっていない)が大ケガして死にそうになっているので魔術師マーリンに現代から召喚されてしまいます。その時、一緒にいた幼馴染の真と広則も一緒にタイムスリップしちゃう。で、とりあえず、アーサーのケガがよくなるまでアーサーの身代わりをすることに。直近で戴冠式やんなきゃいけないので、まずは戴冠式やるよー!って感じです。

 でも、この3人、どうやらアーサーの身代わりとそのおまけ以上の意味をもっている3人でありそうなんですね。彼女らが単なる異邦人のお助けマンとしてではなく、徐々に物語の中心人物として構成されていく様子が残酷で美しく引き込まれてしまいます。

 ちなみに、たまきは紅茶王子に登場した若宮君の娘さんという設定のようです。

nanpei.exblog.jp

 

 

 

感想

悲惨な結末から逃れられない予感がすごい

 アーサー王伝説って基本的に最後、みんな死んじゃう。あんまり詳しくない私も知っています。もう、結末に悲劇が待ってるのがわかってる。そして、それが作中でガンガン匂わされてます。

 わずかな救いとして「ランスロットが存在しない」とか「ガレスがいない」とか、よく知られているアーサー王物語と違う部分が存在します。なにより、現代から引き寄せられた3人の存在が違います。それによって、読者は(私は)「あれ、もしかして私達の知っている伝説と違う結末が迎えられるのでは?」と淡い期待を抱くのですが、話を読み進めていくうちに、「え?いつの間にか元の世界線と同じルートに入り込んでしまっている…?」という事態が発生します。暁美ほむらの絶望ですよ。でも、それが起こった瞬間の、「まじかー!そうなのかー!」って感じ、物語に一気に引き込まれます。基本的に、私どんでん返しに引っかかった時ほど、物語にのめりこむ傾向があるんですよ。BASARAがものすごく好きになった瞬間も1巻で朱理の正体が分かった瞬間でした。このお話では、読者のささやかな希望がいつの間にか、悲劇のルートに組み込まれているところが大変いいです。

 歴史物や原作がある作品を読む醍醐味って、決められた結末があるというところだと思ってます。特にそれが悲劇の場合、結末までの残された時間を強く意識するからこそ、登場人物たちの幸せな時間が光り輝くんですよね。限りあるものの美しさを感じることができる。タイタニックは沈むからこそジャックとローズの幸せな時間が眩いんですよ。

 また、結末が決まっているからこそ過程が大事になります。なぜそうするのか、どうしてその結末に至る道をえらんだのか、全てに理由がある。なんとなく、ってことかないんですよね。今のところマンガParkでコミックより先まで追いかけて読んでいるのですが、3巻収録分で最重要人物が爆誕した感じです。

人を見送るということ

  金マビで山田先生を知って、紅茶王子シリーズも全部読んだんですけど、読み終わって思うのが、紅茶王子は出会いと別れのお話なんだなあということです。別れがあるからこそどう時間を過ごすのか、どう一緒にいるのか、その人たちなりの選択と軌跡を描いたお話と言うか。

 金マビもそういうとこのあるお話なんだな、と思いました。2019/1時点の最新話Mabinogion 12①(3巻収録予定)でのアーサーの語りは非常におもしろいなと思います。死というのは今生での絶対の別れなわけだけど、どう別れるかはどう一緒にいたかでもある。どう別れるかは単純に死の瞬間だけできまるものではないわけではないと。「それまでどう過ごしてきたか」や「どう見送るか」も、とても大事なのだなと。さらには、生き残った人も別れのある生をどうやって生きていくのか。人の人生も、一緒にいる人との関係も、ともに過ごす幸せな時間も、必ずいつか変わったり終わったりする瞬間が来る。物語の悲劇性ともあいまって、どんなものにも終わりがあるということを強く意識させられる作品だと思います。

ガウェインの悪気のない チャラさたまらん

 ガウェインって、一般的イメージとして、たらしな感じがあるようです。昔やってた乙女ゲームでも女の子を口説きまくってるキャラでした。金マビでもめっちゃモテまくっている設定です。確かに、浅黒い肌といい、雄々しい骨格といい、大変セクシー。優しくて強くて頼りになるお兄さんなんだけど、それだけで終わらない色気がある。いいわぁ…。朴念仁といわれつつ、普通にいろいろわかってる感じですね。朴念仁というか、女性の恋愛感情みたいなものに対するセンサーが低いんでしょうね。自分にとってはアーサーが最重要で、恋愛の優先順位が比較的低いから、他人の強い恋愛感情があんまり理解できないのかな。たまきとのキスについては、故意だと言ってるけど、「まあそんなに意味はねーだろ」っていう感じがします。行けそうだと思ったからしたが、たまきが泣き出してパニックぐらいの軽さです。まあ、特別ではあるんでしょうけど今のところ「なんかかわいいからした」ぐらいのもんでは?そういうのを、はずみとか勢いって言うんですよー?この人、好きな相手にはどんな態度なんだろ、どんな感情をもつんだろ、って思わせるような高嶺の男性が主人公の前でデレるというのは少女漫画のひとつの醍醐味。今後、たまきとどんな関係をつくっていくのか楽しみです。たまき、いろいろ教えてもらっちゃってほしい。

 あと、恋愛パートはエレインと広則はかわいいカップルですね。男になってもかわいいって、どういうことだ、エレイン。もう、みててニヤニヤしちゃう。しちゃうんだけど、悲劇の予感しかしない。こっちも展開が楽しみです。真とマーリーンの関係もどこかで変わるのかな。

美しい世界

 ほんっと、絵がきれいですね。特に景色がきれい。ハリーポッターとか、TROYとか、映画を観てると、こんなとこに行ってみたいな~と思わせられるような場面があったりしますが、そういう気分にさせられます。今いる世界と違う美しい世界を疑似体験できるのは、歴史ものやファンタジーのよさだなと思っています。

 私が、特に好きなのは2巻のニムエのを連れてアヴァロンに戻るシーン。よく晴れた青空の下、白い花が咲き乱れる穏やかなきれいな日だったんだろうなと、情景がカラーで頭に浮かんできました。国と季節は違えど、「願わくば、花のもとにて春しなむ」という歌が思い浮かびました。あと、アヴァロンの幻想的な感じもいいですね。水辺の感じも。町に入った時の建物の立ち並ぶ埃っぽそうな感じとも対比がきいてます。それと、ニムエとエレインが可憐すぎませんか?乙女のお洋服もかわいいぞ!めっちゃ可憐な外見と裏腹に煽ってくスタイルのニムエが早々に退場しちゃったのは残念だ…。

 

 

 

今後

 先のことをわかってて読みたい派としては、アーサー王伝説がどんなものか一通り抑えときたいという気持ちです。ウィキペディアでわかる範囲で調べた内容によると、えー!えー?え…ええ、ええみたいな感じである。これは1度ちゃんとまとめたいですね。現段階のポイントは3人がそれぞれ誰なのかということだろうか。あと、未登場のグィネヴィアはどうなるのかなぁ。