It's a rumor in St. Petersburg

アラサーOLです。主にまんがの感想を書こうと思っています。

【感想】『薔薇王の葬列』55話 プリンセス2019年7月号

 

 

 アンの覚醒回です!

 

プリンセス2019年7月号 [雑誌]

プリンセス2019年7月号 [雑誌]

 

 

前回のエントリ

www.anastasia1997.tokyo

 

感想

夫を奪われた二人の妻

 出会ってまずアンを思いやるリチャードに胸アツです。 

 55話を読んで、エリザベスとアンって実は境遇的には結構共通点がある二人なんだなと思いました。エリザベスもアンも前夫を現夫に奪われた妻なんですよね。(エリザベスの場合は直接手を下したのはエドワードではありませんが)そういえば、原作では二人で嘆きあったりしてますよね。自分の夫を殺した相手と結婚するなんて、現代日本で起きたら廃人になりそうな過酷な運命です。

 エリザベスの場合は、夫を奪われて早々に復讐を決意しエドワードのもとに乗り込む道を選びました。エリザベスの人気があるのは、ヒールなんだけど自分の強い意志をもって生きているとこなんだろうなと思います。マーガレット様が人気あるのもそうだよね。一方、アンはエドワードを失って、リチャードと新しく関係を築くこともできず10年以上の月日を過ごしてきていたわけです。今号はアンが自分で自分の人生を決断した瞬間のお話だったのだと思います。胸アツだったのが「この国のために」と言っているところ。テュークスベリーの戦いの直前に王家の人間として、王家を守っていくという道を見出していたアンが自分の道を取り戻した気がしました。

 

 

聖院から反撃の狼煙を…

 薔薇王では聖なるものと悪魔の対比が鮮明に打ち出されていますが、エリザベスの攻撃が聖院からというのも象徴的です。最近、過去巻を読み返していてはっとしたんですけど、聖院=ウエストミンスターなんですね。私、ウエストミンスターが死ぬほど好きなんですよ。ロンドン行くと必ずビックベンみてウエストミンスター行かないと気が済まないんだよ。二回しか行ったことないけど。英国王の戴冠式や結婚式をする王家と結びつきの強い教会ですよね。

 エリザベスは神に選ばれた前王の妃として悪魔リチャードをキリスト教会から攻撃してくるわけです。しかし、今号、十字架おれたーーーー!!悪魔によって神の座から引きずり降ろされ、子供たちはロンドン塔へ幽閉される。聖なる印を失ったものの末路という感じがします。

www.tripadvisor.jp

新たな登場人物の予感

 誰なんだ、リチャードの悪行を吹聴して民衆を扇動してる奴は。お前にリチャードの何がわかるんだ。邪魔をするんじゃない。

 最初はセシリーかな?と思ったのですが、これ、11巻の冒頭でマーガレット様をたきつけようとしていた人かな?とすれば、セシリーがフランスにいるわけないので、セシリーではない。ていうか、フランス?史実的にはフランスに重要っぽい人物がいたような…。薔薇王最終章発動なのだろうか。いやだよ~~、今すぐフランス革命が起きて、フランスにいる貴族を全員処刑してくれ。リチャードはこれから王になって、アンとエドワードとバッキンガムと幸せに暮らすんだよ~~。

 

 

これからはずっとずっとずっと20巻ぐらい日常ターンで、リチャードがアンをみとって同じお墓に入って、エドワードが王座を受け継いで、それをバッキンガムが見守るんだよ~~~。

 さておき、次回以降の日常会でやっぱりエドワードのブローチがもう一回出てきたりするのかな…とサイン会のお話を思い出してわくたくしてます。

 

www.anastasia1997.tokyo