It's a rumor in St. Petersburg

アラサーOLです。主にまんがの感想を書こうと思っています。

【感想】ブロードウェイミュージカル『Anastasia』

    Have you heard, it’s a rumor in St. Petersburg?

 

f:id:anastasia1997:20191003221640j:image

 

    ブログのタイトルやツイッターのアカウント名からお察しの方もいらっしゃるかもしれません。ミュージカルアニメのアナスタシアが大好きなんです。数年前、ブロードウェイでミュージカル化されたと聞いていたのですが、2019年にドイツ・オランダ・スペイン、2020年には日本でも上演が決定しました。日本で上演される一足先にドイツに観に行ってきました。

 

 

   この物語は、20世紀初頭のサンクトペテルブルクとパリが舞台です。ロシア革命の際に処刑されたはずの皇女が実は生きていて唯一の肉親である祖母を求めて旅をするストーリー。俗にいうアナスタシア伝説ってやつですね。遺骨のDNA鑑定により現在では皇女アナスタシアは家族と共に処刑されたことが明らかになっていますが、元になる映画が製作された1997年当時はまだ鑑定がされておらず、大いなる歴史の謎という扱いでした。当時から歴史のミステリーに基づいたお話も好きでしたが、真実が明らかになった今でもifストーリーとして素敵だと思っています。

 また、この作品、楽曲がものすごく素敵です。特にメインテーマの『Once Upon a December』が大好き。切ない歌詞とメロディーにロシアのエッセンスが入っているところがたまらなくいいのです。映画版では、主人公が廃墟となった宮殿で亡き家族たちと踊りながら歌う曲で、失われてしまった過去の世界の美しさとその悲劇性が魅せる名シーンです。子供の頃からVHS(!)で何度も繰り返し見ました。今はアマゾンプライムで観られるのでいい時代になりました…。

 

アナスタシア (字幕版)

アナスタシア (字幕版)

 

 

 

 

 

感想

楽曲

    生の歌唱と生のオケの迫力がすごいです。『Once Upon a December』のメロディーが生オケで流れてきた時は感動しました。そうか、ミュージカルだもんね、オルゴールの音色も生オケで演奏だよね!そして、オープニングの『A Rumor in St. Petersburg』も街の人たちが軽快に歌い踊る姿は耳と目が幸せ。ミュージカルってオープニングの楽曲に命をかけている感じがありますね。観る側としてもあの音と歌の洪水みたいなものを観に行ってるところがあります。また、前半の締めの曲が『Journey To The Past』なのですが、アーニャ役の女優さんの熱唱で、最高に盛り上がって締まりました。これまでそこまで好きな曲ではなかったのですが、すごく好きになっちゃいました。ミュージカルのオリジナル曲にディミトリとアーニャのデュエット曲があったのですが、ちょっと物悲しさのあるすごく綺麗なメロディーでそれも良かったです。また、ボリシェヴィキの将軍グレブ(ミュージカル版オリジナルキャラ)と皇太后役の役者さんがめちゃくちゃ上手くて、声の響きが圧巻でした。グレブ役、日本版では山本耕史さんと堂珍嘉邦さんが演じるそうです。山本耕史さんのヒールはかっこいいだろうな〜と思いつつ、堂珍嘉邦さんの歌はきっと素晴らしいだろうな思うので迷っちゃいますね。

名シーン

    アーニャが『Once Upon a December』を歌いながら、ロマノフ朝時代の亡霊たちと踊るシーンは最高に綺麗です。やっぱりアナスタシアといえば、このシーンですね!アニメ版では廃墟となった宮殿が舞台でしたが、ミュージカル版では血の上の大聖堂前から始まります。空が暗くなり、雪がちらつく中、アーニャが歌い出し、舞台は追憶の中の宮殿へ。アーニャの孤独で悲劇的な境遇を表した美しい演出だなと思いました。その後、皇帝一家や取り巻きの貴族の亡霊たちと歌い踊るのはアニメと一緒です。このダンスシーン、ミュージカルでは亡霊たちが超豪華なロマノフ朝時代の衣装で現れ、ダンスも貴公子たちが皇女たちをリフトするなど超華やかで幻想的ななシーンとなっていました。これを観るための舞台ですね、これは。本当に見応えありです。

ブロードウェイ版がYou Tubeにあがってました。


360 Video: On-Stage at Broadway’s “Anastasia”

 

また、ミュージカル版オリジナルのシーンで、パリの夜の社交場のシーンがありました。パリジェンヌたちが軽やかで煌びやかな衣装をひらめかせながら踊る姿はこれまた眼福。曲はオリジナルのものでした。後半の目玉シーンです。

衣装

    超豪華・超煌びやか。壮麗で大時代的なロマノフ朝の宮廷衣装、パリの街娘たちの軽やかでモダンな服装、パリ社交界の洗練されてゴージャスなドレス、夜の社交場のちょっとエロティックな装い、オペラ座での鮮やかなドレス、ラストシーンのプリンセスドレス、と場面に応じて次々とゴージャスな衣装が登場します。どれも甲乙つけがたいです。ロマノフ時代の衣装の壮麗さは言わずもがなですが、オペラ座でのアナスタシアの青いドレスはアニメの再現ドレスになっていて「アナスタシアだ!!」って感じがしてよかったです。

 

 

 

 

  

 

    正直、ストーリーがアップデートされている部分はドイツ語がわからずついていけない部分もありましたが、それでも歌とダンス・衣装のパワーで舞台を堪能することができました。楽曲のもつ力はすごいです。カーテンコールで一人一人のテーマソングが流れるのもよかった。ミュージカルとはストーリーのみで楽しぬものに非ずと実感しました。日本版と英語版もぜひ観に行きたいです。