It's a rumor in St. Petersburg

アラサーOLです。主にまんがの感想を書こうと思っています。

【レポ】コミコン・イスタンブール2019 テレビ東京ショー ② 古谷徹氏・山口由里子氏トークショー・サイン会

 前回に続いてコミコン・イスタンブール2019で開催されたテレビ東京ショーのレポートです。前回は前半の阿部記之監督のトークショーについてでした。今回は後半の古谷徹氏と山口由里子氏のトークショーについてです。 

古谷徹氏・山口由里子トークショー 

お二方自己紹介

司会者(以下、司):では、古谷さん、山口さん、どうぞ~~~!!

司会者が日本語で案内。かなり発音がいい。これは日本語できる人の発音。日本語話せたんかい。
古谷氏(以下、古):みなさん、こんにちは~~~!!メルハバ!!ベン・フルヤ~~!!
山口氏(以下、山):ベン・ユリコヤマグチ!

お二方、トルコ語であいさつしながらご登場。古谷氏、超パワフルです。
司:ようこそ、ようこそ、ようこそ!二人はトルコ初めてですか?
古:初めてなんですが、3年前にイスラエルのハルコンというイベントに行ったときに、トルコの空港には降り立ちました。
通訳(以下、通):それはカウントされません。
古:あ、そうですか。初めてです、はい。

司:では、二人に自己紹介いただきます。古谷さんからお願いします。
古:紹介?(進行が聞いていたものと違う模様)
司:古谷さんの役知っているかな!?(みたいなことをトルコ語で会場に問いかけたと思われる。会場から、次々と声が上がる)
司:ドラゴンボールヤムチャ! …他には? サボ!セイヤ! …ほかには? …ガンダム
古:セーラームーンのタキシード仮面とか、みんな知ってますか?
会場:歓声と拍手!
古:名探偵コナンの安室透とか。しってるかな? ほかにもいろいろやりました。

司:(トルコ語で何かを言っている)
古:山口由里子さんの紹介があるでしょ~~(司会者が山口さんの進行を飛ばして次に行っちゃった模様)
司会者:すみません、お願いします。山口由里子さんです。
古:先生大丈夫?
会場:笑いと拍手
古:疲れすぎてわかんなくなっちゃったんでしょ~
司会者:そうそう、山口さんです。山口さんの役わかりますか?(とトルコ語でいったと思われる)
会場:ロビン!!!
山:エヴァンゲリオンポケットモンスターのジョーイ、ナルトは大蛇丸が変身する前の草忍という蛇女の役。

古谷氏の時はいろんな役名が会場のいたるところから出てくるのに対し、山口氏の時は会場が一斉に「ロビン!!」と叫びました。会場のファンも、お二人がどんな方か紹介されずとも知っている模様。

 

 

 

名台詞実演!

 自己紹介のあとは、お二方が名台詞をを実演してくれるコーナーでした。

ワンピース サボ
古:まず、ワンピースのサボを。

司:カウントとって!(と、トルコ語でいったと思われる)
会場:ウチ!イキ!ビル!(トルコ語で3、2、1)
古:「おれは革命軍の“サボ”…!! ルフィはおれの弟だ、よく覚えとけ……!!!」
会場大歓声!トルコのみなさんも、有名なセリフは日本語で把握している模様です。きゃ~~サボだ~~~!!と私も嬉しくなりました。

 

ワンピース ニコ・ロビン

山:ニコロビン、ちょっと叫びます。
司:日本語でカウントとって
会場:さん!に!いち!ぜろ!

山:…( ニコっと笑う、ゼロが入ってタイミングが狂った模様)
山:「生きる…!? 望んではいけない事だと思ってた… 誰もそれを許してくれなかった 
もし本当に少しだけ 望みを言っていいのなら… 私は」

「生ぎたいっ!!!!」

会場:大歓声、口笛も鳴る鳴る。
古:素晴らしい、感動的な名シーンでした!

と、古谷氏が日本語でまとめる。司会者さんがお疲れだから…

 

名探偵コナン 安室透

古:名探偵コナンの安室透をやります。
会場:さん!に!いち!ぜろ!
古:ふふふふ(やっぱりゼロが入ってタイミングが狂った模様)
古:「初めまして…バーボン…これが僕のコードネームです…」

きゃ~~~!安室さ~~~ん!この国(トルコ)もあなたの恋人よ~~~!!!

 

劇場版BLEACH 地獄篇 シュレン

古:劇場版BLEACH 地獄篇でシュレンという声をやりました。映像を見てください。

**BLEACHの映像が流れる***

古:(シュレンの声で)テシュクレン…(トルコ語でありがとう)

ちょっとしたトルコジョーク。トルコの皆さん、喜んでました。

 

エヴァンゲリオン 赤木リツコ

司:次は山口さんがエヴァンゲリオンをやります。
私の前の席に座っていたトルコ人:リツコ、リツコ!
山:みんなわかりますか?
碇シンジ君、あなたが乗るのよ、エヴァンゲリオン初号機、発進!!

ガンダム アムロ聖闘士星矢 星矢
古:日本でもガンダムファンは誰でも知っている有名なセリフをやります。
「な、殴ったね…二度もぶった。親父にもぶたれたことないのに」

わ~~~!!これは、もうお約束の名台詞!

(会場からセイヤーーと声が飛ぶ)

古:セイヤもやれって言ってるんですか?やりますか?サービスで聞きたいですか?
「おお~~燃え上れ、俺の小宇宙よ!ペガサス流星拳!!
振り付き!会場大歓声!

質疑応答

 このコーナーでは事前に集めていたと思われるファンからの質問を通訳さんが読み上げました。
通:これほど上手に演じられる術はどのような術なのでしょうか。
古:それは、僕が古谷徹だからです。(めっちゃいい声)
会場から歓声が。まだ通訳入ってないのに!みんなセリフだけでなく、簡単な日本語がわかるのだ!
古:いやいや、それは冗談ですけど。僕たちの仕事は湧き上がってくる感情を表現する仕事。自分の中に喜びとか悲しみとか怒りとか感情が湧き上がってこないと上手に演じられない。普段から自分の心がうまく動くようにいろいろな体験することが必要。大いに恋愛してください。

 

通訳:新しいキャラクターを演じる予定はあるのですか?
古:実はすでに53年声優やって200近いキャラクターを演じてきたのでほとんどやりつくしてはいます。でも、僕もやっと大人になったので、これからはラブシーンがあるような大人のキャラクターをたくさん演じてみたいと思っています。

 

通訳:長く続いている作品が終了したとき、どんな気持ちになるのですか?
山:長く続いている作品がまだ終わったことがなくて… デビュー作のエヴァンゲリオンが来年最後の映画が出ます。もう20年以上エヴァンゲリオン赤木リツコのゲームの声などずっとやってきました。来年でそれが終わってしまうと、悲しくてしょうがない。自分がどういう感情になるかまだわからない。自分の体の中に赤木リツコがいる感じがしているので、それがなくなると思うと、もう泣きそう…
古:今ここでないてどーすんの!

メッセージ

通:トルコのみなさん、コミコンにいらしたみなさん、会場のみなさんに一言お願いします。
山:ずっとイスタンブールに憧れていたので、今回来られたことがすごく嬉しいです。大先輩の古谷徹さんとご一緒で来たことも嬉しいです。明日帰りますし、日本とトルコはすごく遠いけれど、日本のアニメを愛してくれている限り、私はみなさんと繋がっていると思っています。世界中が日本のアニメによって笑顔にあふれた世界になることをいつも願っています。

古:今年、ワンピースは20周年を迎えて、スタンピードという映画が大ヒットしています。機動戦士ガンダムは今年40周年、来年の春には横浜に動く実物大のガンダムができます。そして、2020年は東京オリンピックが開かれます。みんなの大好きな漫画・アニメ、日本ではどんどん盛り上がっています。できたら日本に来てほしいです。今回初めてトルコに来ましたが、アヤソフィアやブルーモスクを見てとても素晴らしくて感動しました。グランドバザールでトルコ石のアクセサリーやじゅうたんをお土産に買いました。ショッピングをするときに僕たちが日本人とわかると歓迎してくれる。日本が好きな人たちが多いんだと感じました。今回のこのイベントにもたくさんの人が来てくれて、歓迎してくれているのにも感動しました。これからも日本の漫画、アニメ、ゲーム、そして声優を応援してほしいです。また会いましょう!

会場から万雷の拍手!その後、ちょっとしたファンとの交流があってイベント終了でした。

 

 

 

古谷徹氏・山口由里子氏サイン会 

 実はこの後、場所を移してお二方のサイン会がありました。

プログラムに書いて無かったよね!?気づかなかったよ!?その場で整理券を配っており、配っているお兄さんが私にもくれるというので参加してきました。(お二方はトルコのファンのために日本から来てくれているので、私が参加するのはちょっと気が引けたんですよね…

 しかし、このサイン会、ファンのみなさんは自分でスケッチブックや色紙を持ち込んでいらっしゃる。私、なにも用意してない!! おろおろしていると、山口氏の列にならんでいたトルコのファンが「どうしたの?え?用紙がない?僕のスケッチブックを使いなよ!このイラストの上に描いてもらったら?」と自身が描いたサボのイラストを提供してくれたのでした。お言葉に甘えて、スケッチブックを借りて古谷氏の列に並ぶ私。

私:お願いします(スケッチブックを渡す)
古谷氏:これ自分で書いたの?
私:いえ、そこにいる彼が描いてくれました(どういう状況だ…)
古谷氏:この上に描いちゃっていいのかな?
私:上に描いてほしいです!
(古谷氏がサインをいれてくれる)
私:日本に住んでた頃、ゼロの執行人は2回観に行きました!お会いできてすごく嬉しいです!
古谷氏:ありがとう~~

(握手で終了)

サボを出しながら、ゼロの執行人を観に行きましたと言うちぐはぐな私…

 その後、イラストをくれた彼にスケッチブックを返し、もちろんサインのページはもらう。彼は彼で、君のサインと写真を撮らせて!と自分のイラスト+私の名前入りサインをもってすごい笑顔で写真撮影。私も彼がもらった山口氏のサインを撮らせてもらう。みんな幸せ。ありがとうございました。

f:id:anastasia1997:20191022020955p:plain

古谷徹氏のサイン

f:id:anastasia1997:20191022021043p:plain

山口由里子氏のサイン