天空の玉座のここが好き(ネタバレあり)

// 天空の玉座の好きなところをまとめてみました。 壮麗なファッション ともかくみんな服や小物やお部屋がかわいいんですよ~~~!!!日常生活ではついついヨーロピアンな小物とかドレスとかに惹かれたりしますが、「中華もいいよね…♡」って気持ちになりま…

天空の玉座 青木朋(著) (1-11巻・完結)感想(ネタバレあり)

// ついに2018年1月、全11巻で完結です。 Koboで予約して、日付変わってすぐにダウンロードしました。 「天空の玉座」最終巻、本日発売です!☆*.+°6年間の連載のあいだ、ご声援ありがとうございました!!表紙は、礼服を着た珊瑚です。よろしくお願いします…

ひたすら今月読んだ漫画をあげていく 2019年1月

1/1 こどものおもちゃ 夢の雫、黄金の鳥籠 恋のツキ 1/2 ジョージィ 夢の雫、黄金の鳥籠 1/3 夢の雫、黄金の鳥籠 1/4 Under the Rose 輝夜姫 1/5 Under the Rose 恋と心臓 女神後輪 1/6 天空の玉座 1/7 天空の玉座 ミステリと言うなかれ 1/8 転生悪女の黒歴…

田村由美作品と私

// 2018年末に発表された、「このマンガがすごい!オンナ編」第2位に田村由美先生の「ミステリと言う勿れ」が選ばれた。 また、2019年4月から「7SEEDS」がNeflixでアニメ化されるそうだ。 7seeds.jp 私は田村作品が大好きで、私の少女漫画好きの土台は田村作…

Under the Rose 考察4 名前のないメイドたち・レイチェルとウィリアム(ネタバレあり)

// Under the Rose 考察4です。 前回までの記事 www.anastasia1997.tokyo 今回は、名前のないメイドたちとウィル&レイチェルについてです。 目次の中の赤字部分が該当箇所です。 目次 1. 基本情報 ・登場人物の年齢 ・登場人物の血縁関係 -入り組む血縁…

Under the Rose 考察3 それぞれの目的(ネタバレあり)

// 引き続きUnder the Roseの考察です。 前回までの記事 次回以降はこちら www.anastasia1997.tokyo 今回はロウランドで起こった事件に関わる、それぞれの目的を整理してみます。 赤字の部分が今回の対象範囲です。 目次 1. 基本情報 ・登場人物の年齢 ・登…

Under the Rose 考察2 ロウランドで発生した出来事(ネタバレあり)

// 引き続き、アンダロ考察です。 前回までの記事 次の記事と背景知識 www.anastasia1997.tokyo この記事ではロウランドで発生した事件について書きます。目次の赤字の部分が対象です。 目次 1. 基本情報 ・登場人物の年齢 ・登場人物の血縁関係 -入り組む…

Under the Rose 考察1 登場人物の年齢・血縁関係(ネタバレあり)

// 2018年末〜2019年始は長めのお休みが取れた上に、電子書籍を読む用のタブレットを買ったので、いろんな漫画をずっと読んでいます。 実家に単行本で置いてあった漫画も電子で買い直したりしています。 koboはまとめ買いすると、20%オフとかになるのがいい…

2018年 面白かった漫画10選

// 2018年、おもしろかった漫画をピックアップしてみました。 特に今年出会ったものに限らず選んでいます。 記載の順番は特に意味はありません。 ランキングやりたいとも思ったのですが、面白い漫画ってそれぞれにそれぞれの良さがあって順位をつけがたいと…

Under the Roseの世界 背景知識(ネタバレあり)

// Under the Rose(以下、アンダロ)、大好きです。 最近、キンドルで連載してるんですね。 2018年12月現在、既刊最新刊の10巻の続きがすぐ読めるようになっているの、気づきませんでした。 Under the Rose 春の賛歌 第33話 【先行配信】 Under the Rose 《先…

59番目のマリアージュ 毒親の送り方 アルテイシア(著) 感想

// アルテイシア先生は私の好きな作家さんの一人で、ウェブで連載されている「59番目のマリアージュ」や「アルテイシアの熟女入門」をいつも楽しみに読んでいます。 内容としては恋愛や仕事、家庭についてのご自身の経験や読者相談を書いていることが多いで…

映画 メアリーの総て 感想

// ミステリーボニータの懸賞で2018/12/15公開の映画「メアリーの総て」の試写会が当たったので観に行ってきました。主演はエル・ファニングです。 観て良かったなと思える映画だったので感想を書きます。 ゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」の著…

忘却バッテリー みかわ絵子(著)感想(1巻)(ネタバレあり)

// たまたまジャンププラスで見かけて読み出しました。 これは、これは、これは、これは、これは本当におもしろい!!! 声をあげてゲラゲラ笑えるギャグのようなコメディーのような野球漫画でした。 ジャンププラスからだと3話まで無料で読めます。 アプリ…

私たちはどうかしている 安藤なつみ(著)感想(1-7巻)(ネタバレあり)

// 私たちはどうかしている、読みました。 2018年11月現在既刊7巻、12月に8巻が出るそうです。 絶対買っちゃう! 秘密がちりばめられたドラマチックラブストーリーで、私のすっごい好きなタイプの話です。 私たちはどうかしている(1) (BE・LOVEコミックス…

天空の玉座 青木朋(著) 最終回 ミステリーボニータ2018年12月号 感想(ネタバレあり)

// // *****2018年11月9日追記***** 作者の青木先生に最終回の感想をツイッターで送ったところ、なんとこのブログを読んでいただきコメントをいただきました。 雑誌の発売日に感想をいただき、ありがとうございます!ずっと応援してくださり、励みにして完走…

薔薇王の葬列 年表(8−10巻)(ネタバレあり)

// 12018年9月30日の記事に続いて、「薔薇王の葬列」の年表整理します。 前回の記事はこちら。 www.anastasia1997.tokyo 出来事・年齢・年号 8巻 1472年 アンとリチャードの結婚 年齢はリチャード20歳、アン16歳ですね。 2人とも若い。 プロポーズの時は、ヘ…

薔薇王の葬列 年表(1−7巻)(ネタバレあり)

// 薔薇王の葬列熱がとまりません。 7巻の特装版、ドラマCDも買ってしまったよ〜。 薔薇王の葬列(7)ドラマCDつき限定特装版(プリンセス・コミックス) 作者: 菅野文 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2017/01/14 メディア: コミック この商品を含むブログを…

薔薇王の葬列 菅野文(著) 感想(8−10巻)(ネタバレあり)

// 薔薇王の葬列、2018年9月現在10巻まででているわけですが、前回感想を書こうと思ったら、ランカスター家のエドワードへの愛が溢れすぎて長くなってしまったため、2回にわけることにしました。 今回は第2部の既刊10巻までの感想です。 前回のブログ↓ www.a…

薔薇王の葬列 菅野文(著) 感想 (1−7巻)(ネタバレあり)

// 薔薇王の葬列、前から読んでたんですけど、実はいまいち乗れてなかったのです。 7巻まで持ってたのに、6巻までしか読んでなかったぐらい。 昨日、本棚見返したら、「あれ、読んでないのあるな」と思って読み返してみたんですよ。 そしたら、もう、7巻、本…

涙雨とセレナーデ 河内遙(著)感想(1−4巻)(ネタバレあり)

// LINE漫画で1巻無料となっていたので読んでみたら、本当におもしろくて全巻買ってしまいました。 涙雨とセレナーデ(4) (KCデラックス Kiss) 作者: 河内遙 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/09/13 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 4巻…

きゅーーーーんとするイケメンと憧れの恋愛【センセイ君主】 感想

映画化だそうですね。センセイ君主。 sensei-kunshu.com 幸田先生の作品はともかくイケメンがでてくるので本当に好きです。 私はドラマとか観てても、きゅーーんとくるシーンを観ると巻き戻して(死語?)何度も繰り返し観ちゃう方なんだけど、この漫画も何…

ロマンチックの極致【天は赤い河のほとり】感想

// 2018年、宝塚天河が上演されましたね。宝塚にちょっと興味があったのと天河が非常に好きなのとで観に行ってきました。テーマソングが耳に残るかっこよさだったこともあり、それ以来毎日You Tubeの天河のCM(?)観てます。 宙組公演『天(そら)は赤…

女性専用車両と痴漢と差別について考えた

// ちょっと前に千代田線で女性専用車両に男性が乗り込み、トラブルになって電車が遅れたというニュースを見た。電車に乗り込んだ男性の主張では、女性専用車両はあくまでも協力を求めるもので強制ではないし、これは女尊男卑の差別だと主張しているらしい。…

映画「夜明けの祈り」の前提知識について

// 「夜明けの祈り」という映画をみてきた。本日公開開始の映画のようだ。 映画『夜明けの祈り』。第二次大戦終結直後、1945年12月のポーランド。フランス人赤十字に所属する女性医師マチルドは、ある修道院の修道女たち7人が妊娠し、医療施設のない修道院で…

黒革の手帖(2004年版)レビュー ~武井咲ちゃんが美しすぎるので~

// www.tv-asahi.co.jp 武井咲ちゃん版(2017年版)黒革の手帖、めっちゃ面白いですね! わたし、米倉涼子さん版黒革の手帖(2004年版)が最高に好きだったんですけど、2017年版も最高に素晴らしくないですか。 黒革の手帖、2004年版も大好きで、米倉涼子ち…

マギは大人向けの物語 【マギ34巻】 レビュー

// 最近、エネルギーがたりなくてレビュー書く気持ちになれなかったんですけど、今日きっかけがあって「これは書かねばなるまい!」と気持ちがたぎりました。 きっかけとなったのはこのブログ。 ★ブログ更新★ 「勝手に期待し、勝手に裏切られ、勝手に失望す…

天空の玉座 青木朋(著) ミステリーボニータ17年5月号 感想(ネタバレあり)

// 最近なにをしても楽しくなくて、むしろ楽しいって感情がなんだったか思い出せないです。(天空の玉座を読んでいる瞬間は楽しいですが) 全てのことにやる気がないんですが、それでも天空の玉座レビューだけは書かねばならぬというなぞの使命感を持ってい…

池田理代子-「ベルばら」とともに-』展とオフィシャルブックの感想

// 『池田理代子-「ベルばら」とともに-』展 『池田理代子-「ベルばら」とともに-』展に行ってきました。 結論から言いますと、本当に行ってよかった。 集中して見すぎて疲れ果てるほどよかったです。全部みるのに一時間半くらいかかりました。 www.asah…

天空の玉座 青木朋(著) ミステリーボニータ17年4月号 感想(ネタバレあり)

// ますます盛り上がってきた、4月号! 今号のダイジェスト ・蓬莱投獄 ・少年の日の思い出 ・員キョウと田安さんの意外な出自 ・しおらしい蓬莱が怖い ・潮格さんがかわいい ・アルタンとの再会がすぐそこに迫っている匂いがする(私の願望) 感想 先月号…

静かに強く苦しみを表現する名シーンランキング

// 私は場面を見事に切り取った描写をコレクションするのが好きです。 漫画でも歌でもそうなんですけど、そこで描かれている情景や登場人物の心情を完璧に表現しているワンシーンとかワンフレーズってあると思うんですよね。 それは大抵の場合、あまり強い言…