It's a rumor in St. Petersburg

アラサーOLです。主にまんがの感想を書こうと思っています。

【旅行記】大英博物館 Manga展

    2019年8月の初めに大英博物館で開催されているManga展に行ってきました。

 

British Museum - Manga

 

よく見知った大英博物館の入り口にどどんとアシリパさんが現れたのにはなんだか込み上げるものがありました。

f:id:anastasia1997:20190813201847p:plain

敷地の作にもアシリパさん

f:id:anastasia1997:20190813202009p:plain

大英博物館正面入り口

f:id:anastasia1997:20190813202107p:plain

ビックなアシリパさん


    とはいえ、今回の展示は、Mangaという文化全般の紹介でMangaとはなに?というプレゼンテーションを受けているような空間でした。ポスターやリーフレットにはゴールデンカムイが前面に出ていましたが、実際の展示は特に特定の作家や作品を取り上げるものではなく、Mangaという文化を紹介するための具体例として作品や作家が取り上げられていました。普段はいちマンガファンとして作家さんや作品を見ているため、Mangaという文化全体の視点からマンガをみるのは新鮮でした。

 

 

 

感想とかいろいろ箇条書き

・マンガの歴史の紹介箇所で、マンガがだんだん男性向け・女性向け少に分岐していき、特に女性向けは1970年代、24年組と呼ばれる作家たちがパイオニアとなり、洗練されていった的な説明があり、その代表として萩尾望都先生が取り上げられていた。少女漫画オタクなので萩尾望都先生がどーんと取り上げられている展示では涙が出てしまった。

f:id:anastasia1997:20190813202902j:plain

愛するflowersの表紙。この号覚えてるよ~。

f:id:anastasia1997:20190813202907j:plain

ポーの一族、原画展示


・出版社や編集者についても言及があった。マンガというビジネスの市場規模、それを支える出版社と編集者について。

f:id:anastasia1997:20190813202859j:plain

編集部の様子のムービー

・ファン活動についての紹介もあり。コミケやコスプレなど。ファンの活動もManngaという文化の一貫よね。

f:id:anastasia1997:20190813202954j:plain

f:id:anastasia1997:20190813203002j:plain

コミケの様子

JOJOの展示の前ではJOJO立ちで写真を撮っている人多数。

f:id:anastasia1997:20190813202958j:plain

この写真ではしてる人いないけど

・実際のマンガを展示しているブースでは、本棚があってコミックが置いてあり、手にとって読めるようになっている。本棚前にたって立ち読みしいる人多数。マンガの実物の展示というよりブックオフの再現でしょ、これ。

f:id:anastasia1997:20190813202938j:plain

ブックオフの日常って感じ

・パンフレット、めちゃくちゃ厚くて重い。諸事情により3冊も買いました。

f:id:anastasia1997:20190813202154p:plain

なんというボリューム。重さも3kgぐらいあるのでは…

日本のアマゾンでも買えます。(公式ではなさそうだけど、定価29.9ポンド+送料と考えると高くはなさそう)

Graphic Power of Manga

Graphic Power of Manga

 

 

・お土産売場はもはやグッズ売場。展示に登場していない作品のグッズも置かれていた。

f:id:anastasia1997:20190813202602p:plain

グッズ

f:id:anastasia1997:20190813202702p:plain

ナルト、紹介されてたっけ…?

f:id:anastasia1997:20190813202526p:plain

コミックも置いてある

・一番見ることができて嬉しかった原画。

f:id:anastasia1997:20190813203014j:plain

場所もロンドン

 

    近年、マンガ界隈ではいろいろ問題が取りざたされていますが、ファンだからそう思うのかもしれないですが、マンガというのは本当におもしろいコンテンツだと思います。世界中でもっともっと愛される素地があると思う。この文化のますますの隆盛を願ってやみません。

 

 

 

+α オタクがみる大英博物館

ヴィンランド・サガっぽいヴァイキンググッズがたくさん展示されております。

f:id:anastasia1997:20190813202437p:plain

ヴァイキングの斧

f:id:anastasia1997:20190813202400p:plain

ヴァイキングが使っていた小物

・このブローチ、金色のマビノギオンでガウェインとかがよくつけてるやつ…。

f:id:anastasia1997:20190813202257p:plain

サークル型ブローチ。サークルにはなにか意味があるらしい。

 

大英博物館、ゆっくりみてまわれなかったんですけど、歴史物が好きなオタクには楽しいのかもしれないです。